芸能関係の専門学校で学ぶこととは

エキストラとして芸能事務所に所属するには

エキストラとして芸能事務所に所属するには

普段はテレビや映画などで、見ることが多い芸能人を見ることができるアルバイトとして人気なのがエキストラです。
映画やドラマにも、ほんの少しですが出るチャンスもありお金ももらえます。
そのエキストラになるには、やはり芸能事務所に所属することが大事です。
一般的に、エキストラは2種類あります。
大勢が必要なシーンではボランティアのエキストラを利用しています。
このボランティアの場合は、当然ですがお金はもらえません。
その反対に事務所に所属して、依頼されると数千円のギャラが発生します。
所属するには、ネットで検索するといくつかの事務所に出会います。
事前に簡単なプロフィールやメールアドレスを登録するだけでできますが、このときに少額の手数料がいることがあります。
ただ、この手数料が高額な場合は詐欺の場合もあるので注意します。
資格や年齢制限はなく、誰でも登録することができます。
登録後には、電話やメールで仕事の案内がきます。

エキストラ専門の芸能事務所の強み

ドラマやバラエティ、映画などでなくてはならないのがエキストラですが、そのエキストラを専門に集める芸能事務所が存在します。
この芸能事務所の強みとしては安定的な仕事の確保にあります。
エキストラを例えば数人単位で発注するのであれば、ドラマの主演を務める人の後輩などでも特段問題はありません。
しかし、発注単位が増えてしまうと、なかなかそれだけでは対応しきれないため、エキストラ専門の芸能事務所の出番となります。
こうした事務所に登録している人の多くはエキストラの仕事がどういったものなのか、理解の深い人たちで多少手荒に扱っても、すぐに文句が出てきません。
すぐに発注した人数を用意できるというのが強みであり、スターを用意する必要はありません。
バラエティの観客やミュージシャンのPV撮影などでもエキストラは使われ、タレントのファンクラブ会員をエキストラとして起用することもありますが、これだと数を確保できない場合があり、そうした穴埋め要員としてもエキストラ専門の芸能事務所は重宝されます。